自然療法ホメオパシーを

暮らしの中に

_MG_0971.JPG
White  Flower
ホメオパシー医学
4510442_l.jpg

ホメオパシーってなに?

ドイツ発祥で、200年以上の歴史を持つ自然療法です。海外では医学として認められていたり、公的保険の対象となっている国もあるほど広く普及し、イギリス王室やアスリートなど、多くの人に愛用されています。


ホメオパシーは、「症状を起こすものは、その症状を取り去る力を持つ」と考える同種の法則を基本原理としています。同種療法というと聞きなれない言葉かもしれませんが、喉が痛いときに喉がヒリヒリとする生差湯を飲んで治すなど、実は昔から民間療法に応用されてきた日本人にも馴染み深いものです。

4510442_l.jpg

薬で抑えるのではなく、症状を出し切ることで回復に向かう。

ホメオパシーでは、病気の症状や、汗や吹き出物といった排出物は、身体からの大切な 「お知らせ」としてありがたいものと捉えます。


薬によって症状を抑え込むだけでは、病気の原因を体の内側に閉じ込めることになり、根本的な解決に至りません。それどころか症状を排出する力が弱まると、本来持っているはずの自然治癒力が損なわれ、やがて大きな病気につながる危険も。ホメオパシーでは症状を出し切ることで、病気や症状の原因を自然と排出し、回復を促します。

4510442_l.jpg

不思議な砂糖玉、レメディ

ホメオパシーではレメディと呼ばれる小さな砂糖玉を使用します。レメディには、自然界に存在するありとあらゆるものからエッセンスを抽出して、水とアルコールで理論上1分子も存在しない状態まで薄めたものが染み込ませてあります。不思議なことですが、物質のエネルギー情報だけを心と身体が受け取ることで同種療法が成り立つのです。原物質の情報だけを含み、物質そのものは含まれていないため、薬と違って化学物質による副作用はありません。赤ちゃんや妊婦さん、お年寄りの方も安心してご利用いただけます。